相続した「空き家」を売却する…

Blog 相続した「空き家」を売却する場合のおはなし

相続した「空き家」を売却する場合のおはなし

こんにちは!八鍵不動産の練尾です。
(八鍵不動産と練尾のことはこちらからご確認ください)


不動産を売却する時に、売主様から、
「どれくらい税金を払うことになるの?」
聞かれることがよくあります。

今回は

相続した「空き家」を売却する場合

に関わる控除に関してお伝えさせていただきます。

 

空き家になった亡くなった方のお住まいを相続した方が、
①耐震リフォーム(耐震性がある場合は不要)をして土地建物を売却した場合
または
②建物を取り壊しをして更地で売却した場合
は譲渡所得(利益)の金額から
「3000万円を特別控除することができます。

ただし、
相続日から起算して3年を経過する日の属する年の12月31日まで、です。
(適用期限は2023年12月31日まで)

また、2019年4月に税制改正があり、
【これまで】
相続開始の直前まで、亡くなった方が家屋に居住している場合のみ

だったのが

【改正後】
要介護認定等を受け、亡くなった方が相続開始の直前まで老人ホーム等に入所していた場合も
一定要件を満たせば適用対象

となりました。

つまり、適用対象となる場合の幅が広がったのです!!

亡くなった方が相続の直前に
お住まい居住していても、
老人ホームに入所されていても(一定要件あり)
3000万円の特別控除の対象になるということです。


空き家を相続して、
「どうしたらええんじゃろう・・・」とお考えの方、
お気軽に八鍵不動産へご相談ください。


※税に関する詳しくは税理士の先生にご相談ください。
税理士の先生のご紹介も可能です◎

※画像は国土交通省の資料より

――――――――――――――

不動産売却・土地活用をお考えの方や
空き家問題でお困りの方は
八鍵不動産」へお気軽にご相談くださいませ。

■岡山市中区西川原1丁目14-28 2F
■TEL:086-206-6861
※メールでの問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

-->